理事長のご挨拶

西部金属熱処理工業協同組合 
理事長 大山 照雄 
(株式会社TONEZ 代表取締役社長)
西部金属熱処理工業協同組合 理事長 株式会社TONEZ代表取締役社長 大山 照雄
 令和元年5月の総会で推挙いただき、葛村前理事長の後任として新しく理事長に就任いたしました。まずは、これまで組合運営において強いリーダーシップを発揮され、金属熱処理業界の地位向上に尽力されて来られた葛村前理事長のご功績に、心から敬意を表します。又、組合創立70周年という節目の年に理事長という大役を仰せつかり身も心も引き締まる思いでございます。
 足下の経済状況は米中貿易戦争という2大経済大国の覇権争いの中で先行き不透明でありますが、モノづくりの基盤技術である“熱処理”を通じて社会に貢献できる魅力のある産業になるように歴代の諸先輩の力量に及ぶべくもございませんが、“協調と競争”の精神でお互いの切磋琢磨による更なる業界の発展と地位向上の為に誠心誠意、全力で取り組む所存でございます。
 さて、現在の金属熱処理業界の課題は、葛村前理事長が先の組合創立70周年式典でも話されましたが、技能伝承と人材確保です。又"働き方改革“の世の中で交替勤務を伴うことが多い熱処理業においては優秀な人材確保は非常に難しくなって来ています。技能に関しては、今年度から金属熱処理技能検定1級試験において実機を使った試験が7年振りに一部復活いたします。これは真に実務能力を有する技能士育成のため、業界が行政に強く要望して実現したものですので、検定員や関係者の皆様にはご苦労をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。
 又、4委員会の活動を通じて、技術者や営業担当者向けの各種教育事業、魅力向上委員会主催の「金属熱処理出前講座」開催などによる若手人材への教宣、および外国人労働者の受入れに向けて金属熱処理の「技能実習制度」対象職種への追加ならびに在留資格「特定技能」での受入れ実現などに引き続き積極的に取り組んで参ります。これら全ては組合員企業の皆様並びに賛助会員様のご協力なしで成し得るものではございません。これからも組合員の団結力並びに産官学の連携という当組合の伝統の強みを活かしながら組合運営を推進していきたいと思いますので、引き続き皆様のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。